アドバイザーサポート

SUNAMI YURI

角南 有理

[主な業務]
アドバイザーサポート
[入社年(新卒/中途)]
2016年9月 中途入社

INTERVIEW

  • 01フォーシーズンに入った(入ろうと思った)きっかけは?
    純粋にハローワークで探しました。自宅から程よく近く、平日休みもあったこと、決め手は店内の雰囲気でした。前職が工事会社だったこともあり、とても素敵とはいえなかったので……。
    ホームページで検索して「こんな素敵な場所で働けたら幸せだな」と思い応募しました。
    インターネットで “中途入社の面接” を調べてガチガチで面接に行ったのですが、予習したことは全く聞かれず 笑。とても楽しい面接だったことは確かです! リラックスした雰囲気の中、面接していただいた事、とても印象に残りました。さらに働きたい意欲が湧いたのを覚えています。
  • 02フォーシーズンでの仕事の面白さ、やりがいは?
    やればやった分だけきちんと評価してくれます。また、社長含め先輩方もとても気さくな方ばかりなので和気あいあいと楽しくお仕事しています。積極的な発言がウェルカムな会社なので、ドンドン意見が言えます。社長がとても先進的な方なので新しい情報も得やすいです。業界未経験でしたが、不動産好きな仲間に囲まれたくさん勉強できるので、向上心さえあればなんでも吸収できる気がします。
  • 03フォーシーズン(会社)の雰囲気や良いところを教えてください。
    『楽しく、厳しく。』
    という言葉が一番当てはまる気がします。オンオフがはっきりしているというところでしょうか。仕事は、きっちり・正確さ・スピード感は求められますが、遊びは全力で応援してくれます!
  • 04仕事の上での目標や夢は何ですか?
    とにかく早さと正確さが比例するよう心掛けています。なかなか1人では完璧にはいきませんが、頼れる方ばかりなので頼りながら日々精進しています。
    以前のホームページのスタッフ紹介で書いていたのですが、笑顔は伝染すると思っているので、いつも笑顔を忘れないようにしています。
  • 05お休みの日は何をしていますか?
    基本的に予定は前日や当日の気分で決めるのが好きだったのですが、 子どもが産まれてからはリズムを崩さないように起きて、洗濯、ご飯、掃除、子どものお世話、とあっという間です! 子どものお昼寝などで、思わぬ自分時間が出来た時は、ここぞとばかりにスマホをいじっていることが多い気がします。
    反面、受け身なのでお誘いは85%断りません。 もう少し子どもが大きくなったらいろんなところにお出かけしたいと思っています。
  • 06好きな作家さんや作品はありますか?(本、漫画、ジャンル問わず)
    フィーリング重視なのでさまざまですが、本・マンガ・映画に関わらず、歴史関係は何故か惹かれます。「のぼうの城」が好きです。基本的にジャケ買いします。
    音楽でいうとクラシックが落ち着きます。ピアノとバイオリンの音が好きです。歌詞がないのもいいですね。
  • 07無人島に持って行くなら?(スマホ以外)
    サバイバルセット。でもいいですか?笑 ナイフは必須ですよね。あとは布系のもの。布団圧縮袋(テレビの影響です)。
  • 08まだ行ったことがなくて、行ってみたい国はありますか?
    あまりメジャーではないところに行きたい願望はありますが、チキンなので実行に移せません 笑。だれか誘ってください。パプアニューギニアとボルビア(ウユニ塩湖)は是非行ってみたいです。まだ沈んでなければ、ツバルも行ってみたいです♪
  • 09まだやったことがなくて、いつかはやってみたいことは何ですか?
    運動や競技全般でやっとことないことはすべてやってみたいです。例えば、アーチェリー、クレー射撃、弓道、乗馬、スラックラインなど。あとは〇〇トーーク!の絵心ない芸人的なのをやりたいです。

RECOMMEND

今オススメのもの、好きなもの、紹介したいもの何でも教えてください。

ONE PIECE

ベタな回答かもしれませんが、内容に感動です。単純にとらえれば、海賊の冒険の話ですが、人間とは、人生とは、を描いているスケールが大きいところに感動します。それもあらゆる人が当てはまり、登場人物の誰かにはなるのです。人と人との関わり方や気持ちの持ち方、意思の持ちようだったり、人生の勉強になります。心とそれを表現できる人間が持った性質の良いところも悪いところも表現されていて、なおかつそれがあってこそ成り立っているということが、海賊の冒険に置き換えて表現しているところが嫌味なく純粋に入ってきます。漫画で初めて泣きました。自己啓発本などもたくさん読みますが、内容が偏っていたりするので、なかなか感動には至りません。

「ONE PIECE」著者: 尾田 栄一郎/『週刊少年ジャンプ』(集英社)

STAFF 他の社員を見る

TOP